企業内転勤の活用

日本の多くの企業が人手不足で悩んでおり、技能実習生を活用されている企業も多く存在します。しかし、技能実習生の制度は業種が限定されており、かつ、管理団体を通す必要があるなど、一定の制約も存在します。

そのため、新興国から若い優秀な人材に日本の会社で働いてもらうために企業内転勤ビザを活用する企業も存在します。

特にミャンマーでは、会社設立手続きが難しくなく、かつ、維持コストも低いことから、企業内転勤制度を利用する目的で会社を設立する日本企業も増えています。そのような企業は、まずは企業内転勤制度の利用が目的ですが、数年後には、日本で技術を習得したミャンマーの人が母国に戻った際に、自社のミャンマー法人を担ってくれるかもしれないという長期的目的で設立される企業も多く存在します。

そのような会社設立の支援も多数実績がありますので、興味のある企業はお気軽にご連絡下さい。

TNY GROUP