事務所紹介

事務所の理念

代表弁護士の堤は高校卒業までずっと佐賀で生まれ育ち、その後福岡にも4年間住んでいたことから、九州に貢献したいという思いを持っております。九州には魅力的な企業や産物が多いものの、言葉、文化及び法制度などが障壁となって十分にその魅力を海外に発信できておらず、海外展開も不十分と感じておりました。

堤が共同代表を務めるTNYグループは世界8カ国にオフィスを有しており、堤自身も2012年から海外で業務を行うなど国際経験豊富です。そのような国際経験豊富な弁護士は九州には少なく、九州の企業の国際事業や企業運営について法的側面及び自身の海外展開を踏まえたコンサル的側面から支援できればと思い、当事務所を佐賀に開設することにいたしました。

未だに、弁護士は敷居が高いと感じ、相談することを躊躇い、トラブルが発生してから弁護士に相談に来る方も多く存在します。しかし、本来は事前にご相談頂くことで防げるトラブルも多いため、是非積極的にお気軽にご相談下さい。事業運営の一助になる助言を提供することをお約束いたします。

なお、TNYの由来は、TNYグループの創設者である堤雄史(Yuji Tsutsumi)弁護士及び永田貴久(Takahisa Nagata)弁護士の頭文字を組み合わせたものです。

事務所の強み

1.豊富な海外経験

2012年以降、ミャンマー、タイ、マレーシア、メキシコにそれぞれ一定期間代表の堤自身が住んだことがあり、自分自身で感じた文化や習慣の違いを踏まえた助言を行うことが可能です。

2.世界7カ国の現地オフィスと現地弁護士

ミャンマー、タイ、マレーシア、メキシコ、イスラエル、エストニア、フィリピンにTNYグループのオフィスが存在し、現地の弁護士を雇用しております。提携とは異なり、自社で直接雇用していることから迅速に対応でき、かつ、提供するサービスの質を保つことができます。

3.様々な専門性を有する人材

代表の堤は四大法律事務所と言われる事務所の1つに最初は所属し、その事務所においてM&A関連、コーポレート業務、金融業務、労務、訴訟対応等幅広い業務を素晴らしい先生方の下で勉強しました。他にも、当グループには知財業務の経験豊富な弁護士、裁判業務の経験豊富な弁護士、交通事故業務の経験豊富な弁護士がいます。案件に応じて共同受任の形で最適なチームで対応させて頂きます。

4.経営経験に基づく助言

法律事務所も通常の企業と同様に、事業を継続するためには適切な経営を行い、会計知識も必要です。世界各国で、一から事務所の立ち上げを行った経験に基づき(オフィス選び、面接、マーケティングなど)、海外での企業運営をどのように行えば良いかという助言の可能です。

5.英語

海外事務所で雇用するメンバーとの会話やメールは全て英語であり、契約書の作成も英語で行うことが多いため、英語での遣り取りについて高いレベルで対応させて頂くことが可能です。

6.行政機関との連携

TNYグループのミャンマー事務所、マレーシア事務所及びメキシコ事務所はジェトロのプラットフォームコーディネーターに選任されております。https://www.jetro.go.jp/services/platform/

更に、代表の堤は数年前より(独)中小企業基盤整備機構の国際化支援アドバイザーに選任されております。

TNY GROUP